小規模事業者持続化補助金の公募が始まりました!

NEWS サロン経営


本年度の「小規模事業者持続化補助金」の公募が昨日3月10日より始まりました。1回目の募集は13日から31日まで(当日消印有効)とのことですので、すでに準備している人向けかなあと思います。去年も1回目にクラウドファンディングで資金調達している、条件が付いている公募があったりしましたので、何かしら準備が進んでいる人はいるんでしょうね

内容を昨年と比較して少し整理してみると、今回は4回受付があって通年で公募が行われます。前年までだと、基本1回で、その公募期間内で予算消化できない場合に追加公募がある感じでした。

消化できなかった予算額で追加公募する形でしたので、当然追加のほうが採択率は低くなります。あ、採択率っていうのは応募した人誰もが補助されるわけではなくて、内容審査してこれだったら売上増えそうだなあと言う人だけが補助されるわけです。商工会議所の担当に聞いてみましたが、募集回ごとに予算が割り振られているのかは不明、と言ってましたが、4回目まで期間を決めているので多分予算は割り振られているのではと思います。

募集時期は1回目が前述のとおり、3月31日、2回目が6月5日、3回目10月2日、最後の4回目が来年2021年の2月5日になっています。やりたいことが決まっているなら2回目の公募締切りに向けて「事業計画」を考えて行ったほうが良いですね。

加点項目(こういうことがあったら、他より採択に有利になるよってこと)にコロナ加点が新設されているのは今年の流れですかね。スタッフでコロナにら患した人がいる、または売上減少した(セーフティネット保証の証明が必要)場合には採択されやすくなるようです。そのほか、事業継承(子供等に事業を任せる)や賃上げが加点項目となってます。

事業計画を作るだけじゃなくて、「経営力向上計画」や地域経済への貢献となるであろう「地域未来企業の認定」なども加点項目になります。

あと応募できるのは、「小規模事業者」です。エステサロンの場合だと常時使用する従業員の数が5名以下が小規模事業者となります。オーナーさんや役員の数は含まれないのと、パートさんあと応募できるのは、「小規模事業者」です。エステサロンの場合だと常時使用する従業員の数が5名以下が小規模事業者となります。オーナーさんや役員の数は含まれないのと、パートさんは正社員の労働時間の3/4なら、常時使用の従業員の数には含まれません。

あと、経済産業省が募集する補助金なんで会社か個人事業主が対象です。エステサロンでも医療法人がやっているとか、オーナーさんがお医者さんでそのまま個人事業としてお店を構えてるなんて方は対象外なんでご注意を。