サロン向け補助金の基本の3つ

NEWS サロン経営


サロン運営をしていくうえでうまく活用できる補助金として、国が実施しているものは3つあります。

ものづくり補助金、小規模事業者持続化補助金、IT導入補助金の3つです。このうち小規模事業者持続化補助金を広告宣伝費用の補助金ということでまずは紹介をさせていただきました。そのほか2つもご案内しますね。

まずはこのページを参照していただくのが良いかなと思います。

https://www.mirasapo.jp/subsidy/

ミラサポって言う国が行っている事業を紹介しているページです。経営の専門家の無料派遣なんかもしています(ちなみに、私小林も登録してたりします)。

まずはものづくり補助金です。

基本的には新しい取り組みや生産性向上に期する設備投資向けの補助金です。サロンでだと、新しく男性客向けにメンズエステに進出したいので、髭の脱毛にも効果がある脱毛器を導入したい!みたいなときに活用できるかなあと思っています。補助対象経費も、小規模事業者持続化補助金の50万円に比べると最大1,000万円とだいぶ大きかったりしますね。

次にIT補助金です。

ITって入っているように、IT関連のソフトやアプリの導入について補助してくれます。以前はこの補助金でHP制作なんかもありでしたが、今はソフト導入費用が対象ですね。この補助金だけサロンオーナー自身が補助金申請するのではなくて、「このソフトを導入したいです!」ってソフトメーカーさん(IT補助金支援事業者って言います)に言うと、メーカーさんがオーナーさんのお話を聴きながら申請をする形になっています。

申請のために頭を悩ませなくていいんですが、導入したいなあって思っているソフトやアプリのメーカーさんがIT補助金支援事業者になっていないと活用できなかったりするので確認が必要になります。

スタッフさんの勤務管理を電子化して給与支払いまで結び付けたい!、とか今までお客様管理を手書きやエクセルでしていたけど、そろそろ顧客管理システムで効率的に活用したい!なんていうのがサロンでの活用方法かなあと思います。

その他にも都道府県や市町村が募集している補助金なんかもあるので、有効活用できるように情報収集していくと、自分のお店にあった補助金が見つかるかもしれませんよ。